クレジット現金化の業者には店舗型とインターネット専門店があります。

店舗型とインターネット専門店

クレジットカード現金化の業者には、店舗型で営業している業者とインターネット専門店で営業している業者がいます。

 

店舗型

見かけは、ギフトショップ、宝石店、金券ショップなどを装っている買い取り方式の現金化業者です。

 

街中に、その場で現金をお渡しします!などという内容の看板で、利用者を引き寄せます。

利用者は、業者の指定する資産的価値の全くないアクセサリーや、チケットなどを、その場でクレジットカードを使って購入し、業者は、その商品を現金で買い取るという仕組みです。

 

現金化業者は、クレジットカード会社から、商品の全額を受け取り、利用者にはそのうちの一部を現金で渡します。
従って、利用者には、クレジット会社のローンが残り、ローンの額より少ない現金を受け取ることになります。
さらに、ローンには、金利も付きますので、大変な損失になってしまうのです。

 

利用者が、商品を購入した金額のうち、どの程度の額の現金を受け取ることができるかは、業者によって比率が違いますが、おおよそ70~80パーセント 100万円なら、70万円から80万円ということになり、20~30万円+金利分の損失が出ます。
ひどい業者ではは、50パーセント以下の現金しか支払わない業者もいます。

 

 

 

買取型

 

 

インターネット専門店

インターネット上で、クレジットカードの現金化をしている業者です。
インターネット上にはたくさんの現金化業者比較サイトがあります。

 

そして、現金が違法ではないことや、簡単に現金を得られることを謳って、利用者を引き付けます。
インターネット専門店の場合は、キャッシュバック方式で現金化が行われます。

 

現金化業者から、資産価値の全くない商品をインターネット上で購入すると、現金化業者から商品が送られ、利用者の銀行口座に商品代金の何パーセントかが振り込まれます。

 

利用者には、買い取り型と同じようにクレジット会社のローンが残り、現金化業者にはクレジット会社から商品の代金が支払われます。

 

現金化関連のニュースはこちら