なるべくなら使用せず、現金化をしなくても済むようにある程度の蓄えがあるようにしましょう。

貯金の大切さ

 

蓄えをすることは非常に重要なことです。クレジットカードや携帯を利用した現金化は聞こえが良く感じてしまう方もいるかもしれませんが、極力やらないことをおすすめします。

 

お金に困った人が陥りがちな現金化は危険だとも言われています。
理由として、クレジットカードショッピング枠の現金化はクレジットカードの規約違反にあたることが挙げられます。
その他にも法律に触れるのでは!?と言われている行為です。中には逮捕されている現金化業者も出てきています。

 

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化する方法には、自分で金券ショップなどに購入してもらえる回数券などを持ち込む方法と業者を利用する方法があります。
クレジットカードを利用して業者で買い物をすることで、キャッシュバックとして現金を受け取るという方法です。

 

しかし、こういった方法でも利用者が大きく損をするようになっているので注意が必要とのことです。
業者が利用者にクレジットカードで殆ど価値のない商品を購入させ、キャッシュバックという名目でお金を渡すという仕組みになっています。

 

どうしても現金が手元に必要という場合を除いては、極力利用しない方が損をしなくて済むと言えます。
また、現在は携帯電話会社各社が取り締まっているため可能かどうかわかりませんが、以前は、携帯電話を利用して現金化することも可能だったようです。
基本的な仕組みはクレジットカードの現金化と同じで、携帯キャリアの決済の現金化となります。
携帯電話を長く契約していると20万円くらいまで携帯を使用してショッピング出来るようになります。

 

いかがでしたでしょうか。
クレジットカードの現金化は、行為自体がグレーな行為と言えます。
なるべくなら使用せず、現金化をしなくても済むようにある程度の蓄えがあるようにしましょう。

 

現金化以外の方法