ショッピング枠を利用してでも現金が必要となったことが、現金化に至った理由として考えられます。

クレジットカードの現金化に至った理由

 

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用して現金にする方法が言われています。

 

クレジットカードには、現金が引き出せるキャッシング枠とカード会社からお金を借りる形で商品を購入するショッピング枠があります。
このショッピング枠を利用して現金を得る方法を現金化と言われています。

 

クレジットカードの現金化の方法には2つの方法があります。

 

方法のひとつは、クレジットカードのショッピング枠を使用して自分で新幹線の回数券などを購入し、金券ショップなどで売ることで現金化する方法です。

 

もう一つは、業者などに出向き、業者が指定する商品をクレジットカードで購入する見返りに現金を受け取るという方法です。

 

現金化に至った理由としては、クレジットカードでのキャッシング枠を使用してしまい、且つ現金が手元に必要になった方がショッピング枠を利用してでも現金が必要となったことだと考えられます。

 

手元にどうしても現金が必要だという方が、現金を得る方法として業者を利用し始めたという流れが現金化に至った理由となります。

 

しかし、この現金化の行為自体が昨今、危険視されています。
クレジットカードの会員規約で禁じられている行為だという理由もあります。十分注意し、自己責任で行うようにして下さい。

 

いかがでしたでしょうか。
クレジットカードの現金化に至った理由を記載しましたが、2011年には逮捕されている業者もあります。

 

このケースでは、現金化の商法がショッピングを装ったお金の貸し付けである金融商法だということが理由でしたが、いずれにしても、クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は業者側も利用者側もグレーな行為と言えます。
なるべくなら利用せず、金融機関で借り入れなどをした方が賢明と言えます。