現金化業者の裏事情や現金化のシステムについて正しく把握しましょう。

クレジットカード現金化の裏事情

時代と共に現金の借り入れ方法や金融商品の内容は多様化してきており、金融サービスの分野は新たな時代に突入しています。
数多く存在する金融サービスや金融商品の中で、特に最近増えてきているのが「クレジットカード現金化」のサービスです。

 

これはクレジットカード現金化業者が利用者の所持するクレジットカードのショッピングカードを使って商品の購入を指示し、購入した商品を所定の手数料を差し引いた金額で買い取るといったサービス内容となっています。

 

 

クレジットカード現金化とキャッシングの大きな違いとしては「金利の安さ」にあります。

キャッシングを利用して現金を手に入れた場合、最大で年利18%ほどの利息が掛かってしまうこともあります。
そのため、キャッシングを利用して現金を借り入れ過ぎてしまうと、利息が膨らんで借金苦に陥ってしまうリスクを孕んでいるのです。

 

その一方、クレジットカード現金化サービスは比較的、利率の低いショッピング枠を利用するので高い金利に悩まされることなく現金を手に入れることが出来ます。

 

 

クレジットカードを現金化するサービスを実施している業者は数多く存在していますが、
その裏事情については意外にも知られていない場合がほとんどです。

 

  1. クレジットカード現金化のサービスを提供している業者の多くは、利用者の所持するクレジットカードを使って特定の高額商品を購入するように指示を出します。
  2.  

  3. その後、クレジットカードで決済された商品は現金化業者側に買い取られ、所定の手数料を差し引かれた現金が利用者に手渡されるという形になります。

 

この買い取った商品については多くの場合、高価買い取り業者に転売することがほとんどです。
しかし、現金化業者が提携しているインターネットショップなどで商品を購入した場合は買い取った商品がインターネットショップ側に買い戻されて同じ商品が流用される場合がほとんどです。

 

このような現金化業者の裏事情や現金化のシステムについて正しく把握しておけば、サービスを利用する際に疑心暗鬼になる事もなく安心して現金化を実施することが出来るので、あらかじめクレジットカード現金化に関する正しい知識を身に付けておく事が大切です。