現金化業者が金利や手数料を請求してくるケースがまれにありますが、支払う義務はありません。

現金化をして払えなかった場合

 

クレジットカードのショッピング枠の現金化は、その行為自体がグレーゾーンな行為と言われています。
その現金化を行った後に、業者から連絡が来て取り立てなどにあうことはあるのでしょうか?
現金化後の催促について記載致します。

 

クレジットカードを利用して現金化すると、返済しなくてはいけないと思う人がいるかもしれません。
しかし、カード現金化業者を利用する場合には、商品を購入してキャッシュバックしていると思うので返済する必要性はありません。

 

返済先

仮に、返済しなければいけないとしても返済先はカード会社となります。
そのため、サービス利用後に手数料や利息などを払う必要性はありません。
現金化業者が金利や手数料を請求してくるケースがごくたまにあるようですが、支払う義務はありません。後になって請求してくる業者には注意するようにして下さい。

 

ただし、クレジットカードを使用したキャッシングの場合は、返済が遅れるとはがきなどで催促の連絡が来ます。
それを放置していると再々送られてくるようになり、法的な手段に出るとの通告などが来るようになります。
怖い人が乗りこんでくる心配などはありませんが、クレジットカードの利用が停止されてしまいます。

 

強制退会からの再発行は不可能

クレジットカードは一度強制退会になってしまうと再発行することが出来ません。
そのため、返済はなるべく遅れないように注意しましょう。借金問題に悩んだら専門家に相談するようにして下さい。

 

ショッピング枠の現金化に手を出してしまう方の殆どは、借金に悩まされている方が多いようです。
クレジットカードのキャッシング枠を使いきってしまい、ショッピング枠まで手を出さざるを得なくなったという方が多くいます。
しかし、借金の問題は法的な手続きや方法によって解決することが出来ます。現金化などに手を出す前に、一度専門家へ相談に行くようにして下さい。