クレジットカード現金化とキャッシングでは、カード会社へ支払う金利が違います。

クレジットカード現金化とキャッシングの違い

最近では、どうしても急な出費により現金が必要になった場合に「クレジットカード現金化」というサービスを利用して一時的に必要な現金を手に入れる人が増えてきています。

 

クレジットカードを持っているのなら、
カードに付帯している「キャッシング機能」を使えば現金を借り入れられるのでは?
と思いがちですが、実際にはキャッシングとクレジットカード現金化ではその内容が異なります。

 

まずはキャッシングについて説明します。

キャッシングとはクレジットカードを利用した「借り入れ」に分類されるので、要するに借金をすることになります。

 

一般的には銀行や消費者金融などの金融機関が個人向けに行っている小口融資のことを指します。
キャッシング機能を利用する場合は、主に専用のATMやキャッシュディスペンサーにクレジットカードを挿入して借り入れや返済を行うことになります。

 

キャッシングを利用した場合、元金には必ず利息が掛かるのが一般的ですが、銀行や消費者金融から現金を借り入れると金額によっては最大で18%もの金利が掛かってしまう場合があります。
そのため、金利に注意しながら借り入れをしなければ利子だけが膨れ上がってしまい、借金地獄へ陥ってしまうリスクを多少なりとも孕んでいます。

 

クレジットカード現金化のサービスとは

クレジットカードの「ショッピング枠」を利用して現金に還元するサービスのことです。
クレジットカードのショッピング枠はキャッシング枠よりも金利が低く設定されているので、キャッシング機能を利用して現金を借り入れるよりもお得に現金を手に入れることが出来ます。

 

また、支払い方法も一括払い以外に分割払いやリボ払いなども選択できるので、自分のペースで無理なく返済できるというメリットもあります。

⇒クレジットカード現金化のメリット・デメリット

 

 

当然の事ながら返済はカード会社への支払いとなりますが、その際に掛かる利息はショッピング枠で設定されている低金利に基づいた金額だけですので、申し込んだクレジットカード現金化業者に対する利息の支払いなどは一切ないので安心して利用することが出来ます。