クレジットカードを作るには審査に通過できるような信用性が重要になります。

クレジットカードの審査について

 

クレジットカードは、誰でも作れるというと語弊があります。
作りたくても審査に落ちた結果、作れない人もいるので、実際は誰でも作れるという状態ではありません。

 

審査に落ちてしまい作れない人には、例えば、仕事に就いていない。年収が少ない。遅延滞納歴がある。などの状態の人です。
また、住所が転々としている人なども審査に落ちることがあるようです。

 

クレジットカードを作るには、何よりもまず信用が大切になります。
クレジットカードは、支払いをする時に口座にお金がなくても利用することが出来ます。
支払いをする瞬間の残高が問題なのではなく、一旦、借金という形になり、一ヶ月後に引き落としなどの支払い時期がきます。
そのため、海外などで大金などの現金を持ち歩きたくない時などは特に重宝します。

 

デビットカード

「クレジットカードをどうしても作りたいけど、審査に通らない・・」という方はデビットカードも検討されてみてはいかがでしょうか。
デビットカードは、支払いをする瞬間に口座にお金が入っていない場合は、利用することが出来ません。支払いをした瞬間に残高から引き落としされるという仕組みです。

 

クレジットカードのように借金(クレジット)という形をとっていないので、無職の方などでも比較的審査に通りやすくなっています。
メリット、デメリットはありますが、クレジットカードがどうしても作れないという方はデビットカードのご利用も考えてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。
クレジットカードを作るには審査に通過出来るような信用性が重要になります。
仮に、定職などについていなくても、株取引の実績など資産の証明や担保に入れられるような不動産所持の証明などは必要かと思われます。
クレジットカードが作れずどうしてもカード形態で所持したい方は、デビットカードを所持してみてはいかがでしょうか。