サービスを利用する前に、その業者について十分に吟味し注意深く選別していくことが大切です。

クレジットカード現金化の被害例

近年、現金を借り入れるためのサービスは多様化の一途を辿り、時代と共に新たな金融商品やサービスが次々に出てきています。

 

「クレジットカード現金化のサービス」も時代の流れと共に生まれた新たな金融サービスのひとつですが、このクレジットカード現金化はどうしても現金が必要な場合にクレジットカードのショッピング枠を利用して現金を手に入れることが出来るというサービス内容となっています。

⇒現金でしか支払えないモノとは

 

 

たとえ手持ちのクレジットカードのキャッシング枠を全て使い切ってしまっていても、ショッピング枠さえ残っていれば現金化業者に申し込んで商品を購入し、業者側に商品と現金を交換して貰うことが出来ます。

 

また、急な冠婚葬祭などで多額の現金が必要になった場合でも、クレジットカード現金化のサービスを利用することで乗り切ることが出来ます。

 

しかし、こうしたサービスを請け負う現金化業者の中には悪徳業者が少なからず存在しており、その被害を受けた人は数多く存在しています。

 

 

被害例としては、

現金が必要になったのでクレジットカード現金化業者に申し込んだ結果、カー用品店へ行ってクレジットカードのショッピング枠で限度額一杯の50万円分をカーナビゲーションの購入に充てるように指示されたが、業者側からは半分の25万円の現金しか渡されなかった

という事例も発生しています。

 

また、カーナビゲーションの買い取りに関する書面が貰えなかったりするなど、この事例には不審な点が数多く見受けられます。

 

ショッピング枠で現金化を謳った看板を見て宝石店を訪れ、申し込みをするとクレジットカードの提示を求められて20万円分の決済をする事になったが、手渡された現金は15万円程度だった

という事例も発生しています。

 

この事例の場合も、宝石店の店頭には宝石類が並べられておらず、カウンターの下から出された粗末な指輪を「15万円で買い取った」などと伝えられるなど、不審な点が数多く見受けられます。

 

このような悪徳現金化業者に引っ掛からないためにも、サービスを利用する前にその業者について十分に吟味し、注意深く選別していくことが大切です。