クレジットカードの現金化は計画的に利用しないと行き詰まります。

計画的に利用しないとドツボにハマる現金化

クレジットカードの現金化は気軽に利用でき、すぐに現金を手にすることができますが、マイナス面が多くあります。

 

 

クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠で購入した商品を、売却して現金を得ることです。
個人でする場合と、現金化業者を通してする場合があり、現金化業者には還元率に従って手数料を取られます。

 

 

ローンで困るイメージバナー

利用者は、還元率に従って差し引かれた残りの額を現金として受け取り、商品の代金をクレジットカード会社にローンで支払います。

 

ということは、利用者は、その現金を得ることで、2か所に対して、お金を支払わなければならないという仕組みですね。
現金化業者には、手数料、クレジットカード会社には、金利を支払わなくてはなりません。

 

 

現金化業者によって還元率は違いますが、100万円の商品であれば、70~80万円、50万円の商品であれば,40万円程度の現金を受け取るので、クレジットカード会社は、100万円、または50万円という、商品代金全てを現金化業者に支払っています。

 

 

ここですでに20万~30万、または10万円のお金を現金化業者に支払ったことになります。
次にクレジット会社に対しては、もともとの購入金額分のローンが残っていますから、その返済と、その金額に対して付く金利を支払わなくてません。

 

 

ここからは、クレジットカード会社に対して、お金を払っていくわけです。
ここで、怖いのが支払い方法です。

 

 

ショッピング枠というのは、ローンを返済し終わらなくても、ある程度返済が進むと再び限度額が復活します。

そこで再度、現金化を利用するということを繰り返していると、返済額を一定にして楽にする為リボルデイング払いを選んだとします。

 

 

リボルデイング払いの仕組みというのは、利用額に関係なく、一定の返済額でローンを返済していく

というものですが、気がつかないうちに、残高がどんどん増えていきます。

 

 

もともとリボルデイング払いは、利息と手数料も大きい上に、舞い付き定額で返済していくので返済期間が伸びていくのです。
現金化そのものもリスクですが、現金化をしてしまった場合には、支払方法に注意が必要です。