クレジットカードを現金化しても返済額と金利は増えます。

クレジットカード現金化とは

クレジットカード現金化のメリットは、その場で現金を手にすることができるということ

です。

 

けれども、それよりも多くのローンをかかえることになるので、むやみな利用は控えるようにしましょう。クレジットカード現金化の仕組みというのは、業者が巧みに法律の隙間を縫って構成されています。

 

 

まず、クレジットカードにはショッピング枠と、キャッシング枠というものが決められていて、

  • 買い物をする
  • お金を借りる

という2つの利用法があります。

 

 

利用者が、お金に困っていて、キャッシング枠が限度額になっているにもかかわらず、さらに現金が必要な場合、キャッシング枠が限度になっていても、ショッピングはできるという規約を利用し、利用者に業者が指定した商品を購入させて、それを即時買い上げ、現金を渡すという方法です。

 

このような現金化業者の中でも評価が高く、女性でも安心して利用できるのは”ひまわりギフト”です。

ひまわりギフト実録体験レビュー~口コミ、評判、信頼性を暴露

 

この方法は、その場で現金が手に入りますが、換金率は7割から8割程度です。

 

例えば、クレジット会社が、現金化業者に商品の代金として100万円支払いますが、
利用者の手元に入る現金は70万円から80万円、そして、当然ことながら100万円のローンと、その金利を支払い続けなくてはならないことになります。

 


 

 

 

 

現金

現金化業者の指定する商品は、そのほとんどが無価値な商品であり、また、クレジット契約をした後に、現金が入金されないこともあります。

 

その様な場合に、キャンセルしようとしても、すでに、現金化業者とは連絡が取れない状態になっており、クレジット会社のローンだけが残ってしまうケースも多くあります。

 

 

このクレジットカードの金利は、手元に得た70万円から80万円の現金に対してではなく、クレジット会社が現金化業者に支払った100万円に対して計算されますので、
実際に70万円から80万円をキャッシングするよりも、多くの金利が付いてしまいます。

 

 

現在、法で定められている年利は29,2パーセントですが、これをはるかに超える金利になってしまうこともありうるのです。

 

そして、現金化業者は、法的にはお金を貸しているのではなく、商品を販売して、買い取るということをしていることになるので、出資法で定められている年利の上限が適用されないということになってしまうのです。

 

 

 

法人カードでも利用できる現金化

 

法人カードでクレジットカードの現金化はできます。
ただし、法人カードの場合、利用限度額が、個人カードより高く設定されているので、計画性も重要になってきます。

 

 

現金化業者イメージバナー

法人カードの場合、利用限度額が、個人カードより高いので、現金化業者にとってはい良い顧客ということになり、法人プランと称して、個人カードよりも換金率を低く設定している業者もいます。

 

ただし、クレジット会社では、現金化する為にクレジットカードを使うことは禁止していますので、もし現金化の為のクレジットカードを利用したことが、クレジット会社に知られた場合は、クレジットカードの取り扱いが停止されます。

 

 

また、法人カードは、高額な現金化が可能なので、換金率が低くても、現金化業者に摂られてしまう金額が高額です。
クレジットカードの現金化は、現金化業者に対してローンを払うわけではありません。

 

 

現金化業者とは、商品を購入し、その商品を現金化業者に売ることで現金を得るという、その場だけの関わりです。
その後の返済は、利用者にかわって現金化業者に商品代金の支払いをしたクレジット会社に対してします。

 

 

従って、現金化業者にとっては、個人カードであっても、法人カードであっても関係ありませんし、利用者がどのような返済方法を選び、金利が増えても何も問題はないわけです。

 

 

 

 

利用者は、クレジット会社の定めた規約に沿った利息を支払わなければなりません。
利用者には、クレジット会社が現金化業者に支払った金額と、それに伴う金利が遺されているからです。

 

 

悩んでいる男性画像

 

インターネットでのクレジットカードの現金化は、店舗に出向かなくても、即日現金が振り込まれること、365日24時間利用できることなどから、便利で利用しやすく、お金に困った時に、気軽に利用することができます。

 

クレジットカード現金化が女性に人気な理由

 

 

そして、現金化業者は、違法行為ではない、闇金と違って金利が安いというように宣伝していますが、相手がだれであれ、借金をするという行為に変わりはありません。